ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーフレールについて

ウォーターサーバーフレールについて。
さいきんの水道水は放射能汚染が気になるので、直接口にするのを躊躇していました。
近所にあるドラッグストアで天然水を低価格で販売しているので、日曜日になると主人と一緒に買出しに出かけていました。
しかし使い終わったペットボトルの破棄が面倒で、ペットボトルの収集日には大きなゴミ袋を抱えて捨てなければならず、朝から一苦労していました。
そんなとき、ネットでウォーターサーバーを見かけ、案外低価格で使用できるのを知りました。
自分はてっきり、あの大きなサーバーを購入するものだとばかり思っていたのですが、月々数百円という低価格で使用ができるようです。
しかし中にはレンタル料が無料という良心的な業者もあり、お財布と相談をした結果「フレール」という業者さんからサーバーを借りることになりました。
フレールはサーバーのレンタル料金が無料なだけではなく、天然水へのこだわりがたいへん気に入ったのです。
ろ過にろ過を重ねた安心して飲める水を提供してくれるとのことで、ここしかないだろうとサーバーの設置を決めたのです。
フレールでは大阪の千里丘陵の山と、安威川の天然水を採取し、高度な処理技術でろ過したものだそうです。
そのため放射能の心配もなく、安心して口にできるのが最大の決め手となったのです。
サーバーを無料で貸し出してくれる業者さんは他にもありますが、ここまで水に拘っているのはこの業者さんだけでしょう。
しかも水1パック6kgという軽さは、従来のものと比べ、約半分の重さしかありません。
12?だと重いので、女性にとってサーバーへの取り付けは大変なものです。
しかし6kgなら思いけれども簡単に設置することができます。
また薄くて破れにくい素材ができているエコバッグに入っているので、使用後は丸めてポイ、と捨てられるのです。
これは毎週のように大きなゴミ袋をかかえてペットボトルを捨てていた自分にとっては、大きなポイントでもあります。
あの手間が省けるのは、主婦にとってはうれしいことです。
肝心のお水ですが、これは注文をすれば翌日に届くのでたいへん便利なのです。
土曜日や日曜日、夜間の配送も受けてくれるので、自分の時間に合わせて届けてもらうことが可能なのです。
水がなくなってもついギリギリまで注文しない性格なので、翌日配送はたいへん有難いシステムです。
夏場の消費が激しい季節でも、水を切らす心配がありません。
これだけの利点が揃っているためか、最初は懐疑的だった主人も、今ではここの水でなければウイスキーが作れないとまで言っています。
毎日の生活から不安を取り除くことが、どれだけ生活に潤いを与えるのかという事を、身を持って知ったような気がします。
家族の安全を守れるのであれば、月々数千円という維持費はけっして高いものではありません。
最後になりましたが、ここのウォーターサーバーは美しく、清潔感あふれるブルーとホワイトで統一されています。
設置した場所が、まるで病院内のように清潔感あふれる雰囲気をだすことができるのです。
特にボトルをセットしたあとに被せるブルーのカバーは、屋内を明るく見せる演出もしてくれるので一石二鳥の高価が得られるのです。

Copyright(C) 2011 水を飲んで健康.com All Rights Reserved.