ウォーターサーバーイメージ

ハワイウォーターと言うウォーターサーバーのメーカー

ウォーターサーバーを借りている人がどんどん増えています。
お店に置いたり、オフィスに置いたり、家庭においたりと色々な場面で役に立っています。
不景気の中でもこの業界は着実に業績を伸ばしています。
何故そんなことを知っているかと言いますと、私はウォーターサーバーのメーカーに勤めていたからです。
サーバーのレンタル業と水の販売をしていたところです。
急成長をしていたわけではありませんが、確実に右肩上がりでした。
大手三社があり、殆どこの三社で寡占状態にあります。
その一つがハワイウォーターと言うメーカーです。
非常に大きな会社であり、業績を伸ばしています。
水の販売もしていますので車で配送しているところを見たことがある人もいることでしょう。
こうしたお店は多くの場合はフランチャイズ運営によって行われています。
もちろん、直営店舗もありましたが、フランチャイズで全国展開をしています。
たまに勘違いしている人がいるのですが、水は別に特別なものではありません。
あくまで私の勤めていたメーカーの話ではありますが、水は元々水道水だったものを利用していました。
但し、いうまでもなくそのまま売っているわけではありません。
物凄い浄水器を利用して水をろ過しています。
つまり、不純物を極限までなくしています。
メーカーによってはそこにビタミンとかミネラルを追加していることもあります。
私の勤めていたメーカーはとにかく不純物を取り除いた水を販売していました。
実際に製造工場を見たことがあります。
巨大な浄水器で大量の水のボトルを生産していました。
ちなみに結構、製造工場の見学を受け付けています。
普通、こうした設備や製造工程というのは企業秘密ではあるのですが、食べるものに関してはお客さんに公開していたほうがメリットがあるのです。
ですから、もし興味があったら見学を受け付けていないか、と言うことを調べて見ることです。
ホームページにそうした情報は載っていますから覗いて見ましょう。
ないのであれば、メーカーに問い合わせて見ることです。
無碍にされることはないでしょう。
ハワイウォーターと言うのは業界トップ3の一角です。
ですから、非常に顧客は大事にしますし、これからお客さんになってくれるだろうと思われる人に無碍にすることはないでしょう。
そして気に入ったのであれば、サーバーをレンタルしてみることです。
水を購入して飲んでいる人は多いです。
色々とメリットがあるからです。
まず、味です。
日本は極めて安全な水を水道から得ることができると言う非常に珍しい国です。
外国では基本的に水は購入するものです。
日本ではそうした危険はないので水道水を飲むことはできるのですが、それでも不味いところもあるのです。
水道管が老朽化していて錆びてしまい、それによって味が変化してしまっているのです。
特にマンションは深刻です。
水道管から直接水が出るのではなく、最初に屋上にあるタンクに集めて、それから各家庭に配水しています。
ですから、汚いのです。
マンションの人は水を購入していることが多いです。
しかし、水は重いですから持ち運びが大変です。
しかしながら、サーバーをレンタルして水を買えば配送してくれます。
非常に便利です。

Copyright(C) 2011 水を飲んで健康.com All Rights Reserved.